起業1年で絶対やるべき節税・倒産対策 -黒字経営を爆速で安定化させる2つの共済

2020年7月19日、SUNYSIDEは設立1周年を迎えることができました。 起業1年目に、コロナウイルス感染症のような未曾有の事態が発生するとは、まさか夢にも思っていませんでしたが、会社はそれなりに順調です。 2期目のスタートはコロナ渦の真っ只中ですが、そこまで不安はありません。 もちろん、固定の売上が確保でき、会社が黒字経営できていることが根本にはあります。 しかしそれ以上に、会社員時代にはなかった「会社経営者としてのリスクヘッジ」と「個人としてのリスクヘッジ」を行っていることが大きいと思います。

[まとめ]爆速で90点の会社をつくるススメ -SUNYSIDEの起業経験談-

起業準備の時間は、とても孤独で辛い時間になると思います。 サボっていても誰も助けてくれないですし、注意すらしてくれません。どんなに頑張ってもお金はもらえませんし、褒めてすらもらえません。かと言って、適当にすすめると後々とてつもない後悔をする場合もあります。 結論としては「最低限の要点だけおさえてさっさと起業する」が正しいと思います。タイトルの通り、爆速で90点の起業方法を、経験談をもとにまとめます。

【W-8BENの書き方】Vimeoで動画を販売する

Vimeoで動画販売をしようとすると、注意書きで『W-8VENの申請をしないと、アメリカ側で税金が30%かかります』と表示されます。 W-8VENの申請は全て英語の為、慣れない人には面倒な手続きですが、動画の販売益が大きくかわるので、必ず申請することをオススメします。

1 5